ちょっとの利子で友人を失いたくないので消費者金融を頼ります

もしも必要なお金が2~3万程度だったら、家にあるCDやDVDに本、そしてゲーム機器や服等を売ってしまえば、そのくらいのお金になると思います。
それならば親や友人、金融機関から借りなくても済みますし、売った物はまたお金の余裕がある時に買い集めればいいでしょう。

しかし、10万20万といったお金が必要になった場合は、これはもうどこかから借りるしか方法はないと思います。
定期預金をしていませんし株も持っていません、比較的高時給の短期アルバイトをしたって1日1万稼ぐのが上限です。
だったらここは、思いきって消費者金融から借りる事にします。

お金がない時どうしたらいいの?借りる・バイトする・ブランド物を売る

両親や友人、恋人から借りた方が利子がかかりません。
しかしその代りに、お金のせいでせっかく築いた関係が壊れてしまったり、思わぬ対人トラブルを招いてしまう恐れがあるのです。

それにもしも友人や恋人からお金を借りてそれが他の人に知られてしまったら、きっと悪い印象しか持ってもらえないと思います。
利子がかからない代わりにこんなリスクがあるのなら、私だったら比較的リスクの少ない消費者金融を選びます。

消費者金融の欠点は利子がかかる事ですが、それも利子の安い所を選べばいいのです。
それに個人情報は守ってくれるので、他人に借金がばれる可能性も低いです。

要は返済期限さえ守ればいいのですから、こちらならば対人関係がこじれる事も少ないでしょう。

こう思うのは、以前友人がお金に困った時に消費者金融だと利子がかかって損だからと、他の友人数人からお金を借りて結果トラブルに発展した事があるからです。

私もその友人に「3万だけでいいので貸してほしい」と言われましたが、理由を聞いても教えてくれないので信用出来ず貸せませんでした。

他のお金を貸した友人達は善意で貸したけれどなかなか返してもらえなかったようで、お金を借りた友人はお金を返済した後は皆から縁を切られてしまったのです。

それを傍から見ていて、お金が絡むとこうもドロドロとしてしまうのだなと本当に恐ろしく思いました。
利子が損と言うけど、友達を失う事の方が余程損だと感じたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>